最近では手軽に様々な国から輸入された紅茶がスーパーで手に入ります。缶入りの茶葉やティーバックに包装されたもの、ミルク砂糖入りのインスタントタイプなど種類は豊富です。 インスタントタイプ以外での紅茶を飲んだ後は、茶殻が残ります。毎日紅茶を飲むと結構、茶殻がたまり、何かに使えないかと悩んでいる人は多いのではないでしょうか? まず紅茶の茶殻は紅茶クッキーに利用できます。湿った状態の茶殻を弱火でフライパンで炒ります。焦がさないように注意しながらカラカラと音がして、蒸気が出なくなるくらいまで炒ってください。それ冷まし、あとはクッキー生地に混ぜて焼けばいいのです。茶葉を丸ごといただくことができます。注意点は茶殻はいたみやすいので、常温で置いたままにせず、冷凍などするにしても早めに使いましょう。 そして、掃除にも利用できます。玄関はゴミがたまりやすく、そのままほうきで掃いたりすると埃や砂が舞ってしまいのどや目を痛めてしまいます。そこで湿った紅茶の茶殻を玄関に撒きます。それをほうきで玄関全体に広げるように掃きます。そうすると茶殻が埃と砂にくっ付き、湿り気もあるのでゴミを舞い散らさずに綺麗にできます。あとは、その茶殻を塵取りに集めればいいのです。 紅茶をおいしく飲んだ後は楽しく茶殻も使ってみてください。