アレルギーは、遺伝の影響も少なからず受けます。 両親や親のどちらかがアレルギーを持っている場合、子供もアレルギー体質を受け継ぐ可能性が高くなるのです。 親がアレルギーを持っているときには、子供が小さいころから食べるものなどに気を使ってあげるとよいでしょう。 ただ、アレルギーについては、先天的な体質以外にも後天的な影響により発症してしまいます。 たとえば、化学的な成分が配合されている化粧品を長く使用している場合、その刺激が元となりアレルギーを発症してしまう場合もあるのです。 若い時から化学成分をたっぷりと配合した化粧品を使っている場合には、ある日突然アレルギーを発症する危険がないとは言えませんので、できるだけお肌に優しい成分を配合した化粧品に変えてみるとよいでしょう。 また、花粉症などについても、ある日突然発症してしまうこともあります。 花粉症などのアレルギーを発症させたくないという時には、生活スタイルを改善するなどの対策を行ってみるとよいです。