日本の高層建築物は、東京オリンピックが開催された昭和30年代後半から始まり、その後に続く高度成長時代に全国各地にたくさん作られました。ライザップ 千葉

現在、日本に延べ床面積が3,000平方メートル以上の建築物が約45,000棟あり、この中でも多数の人が集まる建築物は、「建築物の衛生的管理に関する法律」通称ビル管理法により、特定建築物としての届出が必要です。ライザップ 池袋

そして、この特定建築物には、ビル管理法により、建築物環境衛生管理技術者の設置が義務付けられています。

ビル管理法は昭和45年に施行された法律であり、約40年ほど経っており、当初の頃に資格を取得した建築物環境衛生管理技術者の退職時期が始まっています。

特定建築物は、増える一方である中で、建築物環境衛生管理技術者の数が不足するという事態になっています。

ところがこの建築物環境衛生管理技術者の資格を取得するには、国家試験に合格しなければなれません。

この試験の合格率は、非常に専門的であり、合格率は平均で12%前後と、大変難しい試験となります。

こういう状況では、この資格を取得するチャンスがあれば、絶対狙うべきです。

私も受験のチャンスを得、これは一発合格を目指すしかないと決意し、約1年間勉強を続けました。

目標どおり、1発合格することができました。

現在ではまだこの資格を使っていませんが、いつかはこの資格を生かせる会社にに転職してみたいと考えています。

  • Copyright © 2012 www.pharmamarketingroi.com All Rights Reserved.