外為取引においては取引所取引というものがあります。

普通の外為(FX)会社と取引をする行為を「店頭取引」と言うのですがこれは取引所を通過させないで取引のペアは外為取引(FX)業者になります。

「取引所取引」という所はFX業者はあくまで仲介であってダイレクトな取引相手は取引所という意味になるのです。

その違いを若干比べていきましょう。

最初に「店頭取引」の例は預金しているお金は外国為替証拠金取引(FX)企業に管理されています。

片や「取引所取引」の次第、資金は全ての額取引所に仮納しなければいけないと義務づけられているのです。

そうすることによりもしもFX(外国為替証拠金取引)会社がダウンしてしまうというような話が万が一あったとしても取引所取引は取引所によってお金は全金額防護されているということになるのです。

場合はFX(外国為替証拠金取引)企業が調節しているから、様子を見て会社ダウンのつけをに襲われて託していた資金は守護されないのかもしれないです。

加えて税金面からも両者では規定に差異がございます。

「店頭取引」では、為替差益やスワップ金利などを雑所得として給与と合計で申請しなければなりません。

けれども確定申告しなくても大丈夫なケースもある様ですので、自分に共通するか否かじっくり確かめるようにしていただきたいです。

もしもあなたが勤め人でサラリー2000万円以下給与所得の範囲を超えた利益が20万円以下(2社以上の企業から賃金所得は無いということ)というようなのような内容を満たしている状態でいるということであれば特例措置というお話で確定申告はしなくてよいのです。

外為収益が二十万円以上場合は確定申告をしてください。

税金の度合いは所得に応じて5%〜40%の6段階に分けられていまして儲けが高いようであれば税金も値上がりします。

「取引所取引」においては、もうけがあった時はそれ以外の収益とは別で考えておいて「申告分離課税」のターゲットとなるのです。

税の割合は全て同じ20%となりますが仮に足が出るのがはっきりしたという事ならば「取引所取引」の有益として損失分を次年以降に先延ばしすることが可能です。

上記から読んでも、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも価格が少ない税率になるケースも大いにあるので照らし合わせて検討していった方が良いと考えます。

分けてもビギナーの場合、株価の浮き沈みや円相場に配慮し、利潤や欠損分に手に汗にぎる事によって、税金についての事実を忘れたかのようになってしまうこともあるので要注意です。

損分は困りますが、手取りが増加すれば税金も額が増えるので意識と理解が肝要でしょう。

  • Copyright © 2012 www.pharmamarketingroi.com All Rights Reserved.