経験の浅い方向けのFX投資の情報では、「損失が生じた時はナンピンをして、ポジションの価格を下げる」と書かれていたりする事もありますが、それは目に見えないリスクが待っています。すっきりフルーツ青汁 効果

ナンピンの理屈に関して易しく述べておきます。こうじ酵素 効果

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。コンブチャクレンズ 効果

$(ドル)買いだからドル高になるほど儲けが出るわけだが不幸にして1ドル=95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。コンブチャ 便秘

その場合ポジションを保持し続けたら、損失が回復するまでにはマイナス分、円安に進む必要があります。ミドリムシナチュラルリッチ 口コミ

誰もがみんな、赤字は早めに無くしたいと考えるでしょう。めっちゃたっぷりフルーツ青汁 オンラインショップ

この状況を乗り切るためはじめに売り買いしたのと同額の$を売買します。めっちゃたっぷりフルーツ青汁 ダイエット

それによって、ポジション全体の平均の買い付けコストは97円50銭まで低くする事が出来ます。すっきりフルーツ青汁 痩せない

2円50銭の幅で円安に向えば損を失くせます。コンブチャ ファスティングダイエット

これが、ナンピンのロジックだ。雪肌ドロップ 口コミ

こういうふうに、ナンピンの方法を耳にすると「まちがいない」という風に思うが、外国為替市場は容易には問屋を卸しません。

だいたい、1ドル=95円が下限だとということなど、なんびともわからないのである。

たとえば、相場が強いドル安トレンドだとしたら1ドル95円では下げ止まらずに、さらに一層円高が加速するリスクは高いです。

仮に、1ドル=97.50円でナンピンをした場合に、1ドル=95円まで円高が速んだら、ナンピンしたポジションについても、マイナスが生まれます。

その状態では、初めに注文したドルと全部で倍のマイナスを被ることになる。

この例のように、ナンピン買いは難解です。

では、相場が己の筋書きとは逆にどんどん行ってしまった場合どのような対策でリスクを軽減すればいいのでしょうか。

この場合取るべき対策は多くはありません。

まずひとつはあきらめて、損失を確定する事です。

ふたつめは、現在、保有している買いポジションを減らす事で、もう一回マーケットが元のようになるのをひたすら待つことだ。

主体性のないやり方だとみる人もいるでしょう。

だがしかし、自分の持っている買いポジションにマイナスが出た時、一番危険の少ない術はこの他には考えられません。

当然、考え方としてはナンピン買いを入れるという対策もありえます。

だがしかしナンピン買いは、あなた自身が損失を披っている状態にもかかわらず、買いポジションを無くすどころか、逆にポジションを重ねていく対策です。

この考え方では、危機を削減することなどどう頑張っても不可能だと考えるべきです。

ナンピンを続ければやがてはマイナスがプラスになるかもしれません。

だが、それより先にお金はショートしてしまいます。

Copyright © 2012 www.pharmamarketingroi.com All Rights Reserved.